blog

注文住宅の知識を惜しげもなく公開!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 注文住宅ってなに?建売り住宅との明確な違いを紹介!

注文住宅ってなに?建売り住宅との明確な違いを紹介!

これから住まいを建てる準備をされている方から、注文住宅と建売り住宅の違いを聞かれます。

注文住宅と建売り住宅では明確な違いがあるので、
これまで直接的にお客様にお答えしてきた内容をお伝えしたいと思います。

記事の目次

  1. 注文住宅とは?
  2. 建売り住宅とは
  3. 注文住宅と建売り住宅の違い
  4. 注文住宅と建売り住宅どちらがいいの?
  5. まとめ

以上が目次になります。順番通りに進めて行きましょう。

1.注文住宅とは?

一般的には、間取り・設備・外観・内観と建てる住まいをすべて自身の思い描いたようにできる建物が
注文住宅になります。簡単に説明すると、自身の好きなように建物が造れるということになります。

ただし、すべてが自由にできる訳ではなく、建築基準や規格が決められている部分が
ありますのでそれに沿っていく部分もあります。

注文住宅について、「注文住宅とは?気になる費用や注意点を5つ紹介
という記事もあるので、ぜひどうぞ。

注文住宅の間取り 近年の傾向

余談になりますが、昨今は間取りを工夫し生活がしやすいよう家事同線を吟味して、
設計をされる方が多くなってきました。

建てて終わりではなく、建てた後に長く暮らしていくことを考えて
無駄な動きを少なく、疲労を軽減できるような間取りが人気になりました。

家事を女性だけでなく、男性も行うのが一般的になり、
家事に対する考え方が一新したことで家事同線の重要性が理解されていると感じています。

お伝えしたいことがもっとたくさんありますが、
余談はこれくらいにして本題に戻りましょう。

2.建売り住宅とは

建売り住宅とは、注文住宅とは真逆の存在になります。
一般的に建築会社が企画・設計して建てた土地付き新築住宅のことを言います。

文字通り、建ててから売るのが建売り住宅です。

価格は、注文住宅に比べて安く設定されていることが多く、
土地・建物が含まれた金額で提示されています。

3.注文住宅と建売り住宅の違い

一般的には注文住宅と建売り住宅では価格が違います。

建売り住宅の方が安く、その理由は量産型として建物が造られているからです。
実際に建売り住宅は、1棟だけでなくその近隣に何棟が同じ建物を同時に建てています。

量産型ということもあり、
注文住宅に比べると吟味されているところが少なく性能も低いです。

建売り住宅のすべてではありませんが、購入された方のお話を聞いたり、
リフォームに行った際に要所を確認するとその通りになっています。

注文住宅と建売り住宅では期間が違う

建売り住宅は、すでに出来上がっている新築の建物を購入するため、
住み始めるまで時間が短く済みます。

注文住宅の場合は、検討段階を含め完成までの期間が約9ヶ月かかります。
その詳細は、検討期間に2~3ヶ月、打合せ2~3ヶ月、着工から完成まで3ヶ月が大まかな期間です。

建売り住宅の場合は、住みたい場所に建ててあれば購入するだけなので
注文住宅と比べると、上でお伝えした期間は不要となります。

購入したら、引っ越しをしてすぐに住み始めることができます。

要約すると、注文住宅は、じっくり期間をかけて建てる。
建売り住宅は、住みたい場所に出来たら買う。という違いが主だと思います。

4.注文住宅と建売り住宅どちらがいいの?

注文住宅と建売り住宅のどちらがいいですか?と聞かれたことがあります。
そのときに私が実際にお伝えしたのは、「お客様の好みです」とお答えしました。

私たちは、注文住宅をメインに仕事をしているので注文住宅をお勧めしたいところですが、
建て終わるまでの打合せや費用などを考えると様々な面で大変なところがあるのも事実です。

また、土地から購入という場合もあり、土地と建物の費用が
同時に発生するわけですから決して安い買い物にはなりません。

だからこそ、お客様が良いと思う方や今後の状況を考慮した上で
最善の選択だと思える方を選んでもらえるのが一番良いと私は思います。

5.まとめ

今回は、注文住宅と建売り住宅の違いについてお伝えしました。
最終的には好きな方を選んでください、というどっちつかずの答えになりましたが、
参考にしてもらえると嬉しいです。

関連ブログ

月を選択